ディスクシュレッダーの予想消去時間、残り時間の誤差はなんと50%以上





ディスクシュレッダーについて06.6.2に初めて知ったのは、ディスクシュレッダーを起動したときに表示される予想消去時間や消去途中に表示される残り時間誤差が実は50%以上もあるのです。但し、HDDの個体差がかなり大きい。ディスクシュレッダーの消去時間の一例ビッグドライブの消去例が1つも無かった(06.6.6現在)が、06.6.14に200GB〜400GBの3例が追加された。但し、HDDの仕様が書いてないので、あまり参考にならない。また、実行前の予測消去時間を計算するのに、ver1.0は8秒で、ver2.0では37秒もかかるし、予測計算時間はその度に異なるので注意が必要。

[実際に消去したときの実行経過のデータ(経過時間と進捗状況)]

以下は、AOpen XCcube EZ915-T(Pentium4 3GHz,MEM 1GB)での実測値です。

内蔵HDD Seagate製Barracuda 7200.9 ST3160812A(160GB/8MB/7200rpm/ATA100)をディスクシュレッダーライトver1で実際に消去したときの例。
ver1はビッグドライブ未対応なので、パーティションが分割してあってもいなくても、最初の131071MB(128GB)が消去されて、1つの空き区画になる
経過時間 進捗状況 消去済み 残り時間(トータル時間) 誤差
実行前 予想消去時間10時間19分 誤差53%
0H13M後 3.2% ??MB 残り9時間58分(トータル10時間12分) 誤差52%
→単純計算でトータル 6時間46分
1H00M後 15.1% 19923MB
(区間?MB/s,平均5.53MB/s)
残り8時間45分(トータル 9時間45分) 誤差45%
→単純計算でトータル 6時間35分
2H42M後 40.8% 53477MB
(区間5.48MB/s,平均5.50MB/s)
残り6時間 6分(トータル 8時間48分) 誤差31%
→単純計算でトータル 6時間37分
3H41M後 55.3% 72483MB
(区間5.37MB/s,平均5.47MB/s)
残り4時間37分(トータル 8時間18分) 誤差24%
→単純計算でトータル 6時間37分
5H36M後 83.7% 109707MB
(区間5.40MB/s,平均5.44MB/s)
残り1時間41分(トータル 7時間17分) 誤差8%
→単純計算でトータル 6時間37分
6H12M後 92.5% 121241MB
(区間5.34MB/s,平均5.43MB/s)
残り0時間46分(トータル 6時間58分) 誤差4%
→単純計算でトータル 6時間37分
6H32M後 97.4% 127664MB
(区間5.35MB/s,平均5.43MB/s)
残り0時間16分(トータル 6時間48分) 誤差1%
→単純計算でトータル 6時間43分
6H40M後 99.4% 130285MB
(区間5.46MB/s,平均5.43MB/s)
残り0時間 4分(トータル 6時間44分) 誤差0%
→単純計算でトータル 6時間43分
6H43M30S 100% 131071MB
(区間3.74MB/s,平均5.41MB/s)
『所要時間6時間43分。5.4MB/sec(書き込み速度)。』と表示された。
この経過時間と誤差をグラフに描くと、ほぼ直線的に減少していくことが分かる。
これは、予測より遅くなると文句を言う人が意外に多いから長めに表示しているのだそうだ(by PMC 06.6.6)。長めと言ってもちょっと長すぎですよね。
でも、それはなんか本末転倒と言うか、より正確な時間をリアルタイムに表示するのが普通ですよね。
そんな一部の人間のために、普通の人が不正確な時間を見せられるというのはどう考えてもおかしな話です。


内蔵HDD Maxtor 6L160P0 (160GB/8MB/7200rpm/ATA133)を同じPCでディスクシュレッダーライトver1で消去した例。
Seagateより26%も遅い。仕様は同じなのに、こんなに違うものなんですね。 HDDフォーマット時間もMaxtorの方が約15%遅いので、11%は残り時間の計算のために消費されていると考えられる。
経過時間 進捗状況 消去済み 残り時間(トータル時間) 誤差
実行前 予想消去時間6時間01分(予想するのに8秒) 誤差34%
0H15M後 2.8% 3670MB(4.08MB/s) 残り5時間51分(トータル6時間6分) 誤差33%
→単純計算でトータル 8時間56分
1H17M後 14.3% 18744MB
(区間4.05MB/s,平均4.06MB/s)
残り5時間10分(トータル 6時間27分) 誤差29%
→単純計算でトータル 8時間59分
2H46M後 30.8% 40370MB
(区間4.05MB/s,平均4.05MB/s)
残り4時間10分(トータル 6時間56分) 誤差24%
→単純計算でトータル 8時間59分
3H41M後 40.9% 53609MB
(区間4.01MB/s,平均4.04MB/s)
残り3時間34分(トータル 7時間15分) 誤差20%
→単純計算でトータル 9時間01分
5H11M後 57.4% 75235MB
(区間4.01MB/s,平均4.03MB/s)
残り2時間34分(トータル 7時間45分) 誤差15%
→単純計算でトータル 9時間2分
6H45M後 74.6% 97779MB
(区間4.00MB/s,平均4.02MB/s)
残り1時間32分(トータル 8時間17分) 誤差9%
→単純計算でトータル 9時間3分
7H32M後 83.1% 108921MB
(区間3.95MB/s,平均4.02MB/s)
残り1時間1分(トータル 8時間33分) 誤差6%
→単純計算でトータル 9時間4分
8H47M後 96.8% 126877MB
(区間3.99MB/s,平均4.01MB/s)
残り0時間12分(トータル 8時間59分) 誤差1%
→単純計算でトータル 9時間4分
9H00M後 99.1% 129892MB
(区間3.87MB/s,平均4.01MB/s)
残り0時間 4分(トータル 9時間4分) 誤差0%
→単純計算でトータル 9時間4分54秒
9H4M29S 100% 131071MB
(区間4.38MB/s,平均4.01MB/s)
『所要時間9時間5分。4.0MB/sec(書き込み速度)。エラー無し』と表示された。

内蔵HDD Maxtor 6L160P0 (160GB/8MB/7200rpm/ATA133)を同じPCでディスクシュレッダー2ライトver2.0で消去した例。
書き込み速度がver1.0では4.0MB/secに対してver2.0では3.7MB/secと遅くなっている。これは、純粋な書き込み速度ではないことを意味する。つまり、最初の予測時間の計算が約5倍も遅いことが、消去途中でもやはり時間がかかっていることが推測できる。最後の方で4.00MB/sくらいになるのは、最後の方が予測が楽だからでしょう。その点でも、途中が遅いのは、予測計算が過剰ではないかと思う。
Seagateより32%も遅い。HDDフォーマット時間はMaxtorの方が約15%遅いので、ver1.0の11%に対してver2.0では実に17%も残り時間の計算のために消費されていると考えられる。
経過時間 進捗状況 消去済み 残り時間(トータル時間) 誤差
実行前 予想消去時間13時間15分,10時間16分(予想するのに何と37秒もかかる。予想する度に値が異なる。) 誤差15%,11%
0H21M後 2.6% 4065MB(3.23MB/s) 残り12時間56分(トータル13時間17分) 誤差16%
→単純計算でトータル13時間28分
1H30M後 11.6% 18135MB
(区間3.39MB/s,平均3.36MB/s)
残り11時間23分(トータル12時間53分) 誤差12%
→単純計算でトータル12時間56分
3H41M後 29.5% 46119MB
(区間3.56MB/s,平均3.48MB/s)
残り8時間49分(トータル12時間30分) 誤差9%
→単純計算でトータル12時間29分
5H31M後 45.2% 70663MB
(区間3.72MB/s,平均3.56MB/s)
残り6時間41分(トータル12時間12分) 誤差6%
→単純計算でトータル12時間12分
7H14M後 60.9% 95208MB
(区間3.97MB/s,平均3.66MB/s)
残り4時間39分(トータル11時間53分) 誤差3%
→単純計算でトータル11時間53分
8H55M後 76.4% 119440MB
(区間4.00MB/s,平均3.72MB/s)
残り2時間46分(トータル11時間41分) 誤差2%
→単純計算でトータル11時間40分
9H50M後 84.8% 132572MB
(区間3.98MB/s,平均3.75MB/s)
残り1時間46分(トータル11時間36分) 誤差1%
→単純計算でトータル11時間36分
11H30M?S 100% 156334MB
(区間3.96MB/s,平均3.78MB/s)
『所要時間11時間30分。3.7MB/sec(書き込み速度)。エラー無し』と表示された。

検索上位Japan
検索上位Japan
蜂の子 みんな ゴルフ 科学蜂の子 超漢字 T-Shell ソフト T-Engine料理教室イタリア料理家庭料理おもてなし料理クッキングスクール渋谷区検索 ヒット アクセスアップ
Google検索 びしばしヒットイギリス留学フライヤー印刷フライヤー印刷・フライヤー
西暦和暦年月日対応表道のりソフトの測定誤差MacMiniで超漢字PowerMateで超漢字←→Mac一発切替
PowerMateで超漢字メール着信警告額受 扇形 和式金具(遺影を鴨居に乗せる)はどこで売ってるの?
NonSP@gmail.com(NonSPを手動でfgPutting.infoに直してください)
更新 2008/07/21 ©2003-2008 蜂の子